プロフィール

kozaru

Author:kozaru
東京在住のお絵描き好きなサルです!

最近の記事

カレンダー

08 | 2007/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いち、にい、さん、ポン!

先日、はるるんの3歳のお誕生日でした。
パパとかあちゃん、そしてじいじ、おばあちゃんがお祝いに駆けつけて
くれました。
久しぶりに会うじいじ。じいじが来てくれる前の日は
「はるるん、じいじに会ったら、ぎゅってするの!」
と言ったものの、じいじの迫力に圧倒され、しばしパパにしがみついていました。

さて、昼間からはるるんのバースデーという名目で宴会が始まったはるるん一族。
じいじはさきいかを食べる時はなぜか、「いち、にい、さん!ポン!!」
と言って口に放りこみます。はるるんはそれをじいーーーっと見ているうちに
じいじの楽しさを思い出し、おしゃべりを始めます。
宴も酣、はるるんはじいじにもらったGapのお洋服セットのプレゼントを着てみる事にしました。
今の旬なデザインでこれからの季節にピッタリ!はるるんは
ドラッグストアでもらってきた大きな風船を持って、ハイポーズです。

たくさんお祝いしてもらって大喜びのはるるん。
大きなケガや病気もなく3歳を迎えられて、コザル達も幸せを感じた一日でした。

さて、じいじはお仕事がある、ということで一足先に帰りました。
はるるん、残っているさきいかをおばあちゃんに渡し、
「ばあちゃん、いち、にい、さん、ポン!で食べて!!」
はるるんの頭の中にはさきいかはいち、にい、さん、ポン!で食べるとインプット
されてしまったようです。でもそれを再現できるのは、ばあちゃんしかいない!パパや
かあちゃんじゃ上手にできない!とでも思ったのでしょう。
何度も手渡しし、いち、にい、さん、ポン!を研究するのでした。sakiika.gif

Gap.gif

スポンサーサイト

一日一本

はるるんは牛乳女です。
ゴクゴク毎日飲んでいます。
でもたまに飲めるジュースがとってもおいしい事も知っています。
人間って本能的に甘いものが好きなんですって。
だから小さい頃に甘いものをあげすぎると、どんどん飲んでしまって、子供のうちに
肥満になるやらでちと大変、と育児書か何かに書いてあったので、
こざるは恐れおののき、お茶や牛乳が当たり前、
ジュースはたまに、というふうな生活習慣にしてきました。

でもジュースを飲んだときのはるるんの幸せそうな顔。
大人もたまにあま~いチョコレートなんか食べて、幸せを感じるけど、
子供も一緒なんだなあ。たまにのジュースが幸せ倍増なんだなあ、としみじみ
しました。

ある日買ったジュースは3本パック。1本を一気飲みし、冷蔵庫にまだ
ジュースが入っていることを覚えていました。
もう一本どうしても飲みたい。冷蔵庫を開けようと必死。パパやかあちゃんに
コップにジュースを入れてくれと懇願します。
「一日一本だよ。」
というと
「一日一本じゃない!!!。」
と叫び、大泣き。逆に親を説教しそうな勢いで言い、大泣きです。
何とか親を説得しようとしても
「一日一本じゃない!!」
のセリフしかでてきません。なんだかその説得の仕方が笑えましたが、なんとか気分を
換え、一日一本に無事納めることができました。
と言いつつも最近はスーパーに行くといつのまにか、カゴにジュースが入っていたり、お菓子が入っている事も・・・。
お友達のママに聞いてもどの子供達も一緒みたい・・。
ムムム。対策法のひとつとして、みんなマッハで買い物しているみたいですが、勝敗は五分五分のようです。

今日なんて、はるるんたらお菓子を勝手に選んで、
「かあちゃんにも半分こしてあげるね。」
とにっこり。
いや、ここで負けてしまってはいかん!
スーパーでの親と子の勝負はまた繰り広げられるのでした。
irete.gif

nima.gif

クッキングスクール

先月の夏休み、はるるんファミリーはダンナさんの実家に帰って
きました。
本当に楽しくって、即、近くに土地を買って家を建ててしまおうと
思ったくらいです。
おばあちゃんたちは、はるるんのために色々な経験をさせてくれました。
その内のひとつ、おばあちゃん、おばちゃん、かあちゃん、はるるんの
女性陣でのコロッケ作りはまさに普段体験できない楽しさでした。
はるるんは具をニギニギしてコロッケの形を作る役を仰せつかりました。
はるるんの小さな手ですから、かわいい大きさのしかできませんが、
一生懸命一生懸命集中して作ります。普段は、お砂場でニギニギ
しているのが今度は本物ですから、嬉しいはずです。
その後、小麦粉をつける、という役にも任命され、そちらも真剣なまなざしで
取り組みました。
以前からダンナさんに実家の手作りコロッケはおいしいと聞いていたので、
はるるん以上にコザルもできあがりが楽しみでした。
もちろんみんなで作ったコロッケはとてもおいしく、はるるんも
大きく口を開けてぺろりです。そして
「おかわり!」
大人達はちょっと食べ過ぎでは・・・、と一瞬心配になります。
それを察したのか、はるるん、
「はるるんもうすぐ3歳になるから、いっぱい食べて大きくならないと
いけないの。」
と、かなり説得性のある理由をつけて説明したので、おかわりを受け付けたのは
言うまでもありません。
一緒にお料理を作るこのすばらしさ!
よし、東京に帰ってもはるるんと作るぞ!
早速コザルは企画します。しかし何を思ったか、一緒に作ろうと実行したのは羊羹・・・。
スーパーでこしあんが売っていたのが目に入り、家に残っている寒天を思い出したのです。
それに寒天をちぎるのがきっとはるるんにとって楽しいはず!
そして以前コザルのおばが作ってくれた手作り羊羹がおいしかったの思い出したのです。
はるるんは楽しそうに寒天はちぎってくれました。
でも何がいけなかったのでしょうか、ダンナさんは残さず食べてくれましたが、
コザルとはるるんは結局全部食べられず、ダンナさまへと差し上げてしまうのでした。
次回はフルーチェにしようかな・・。


konekone.gif

okawari.gif

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。