プロフィール

kozaru

Author:kozaru
東京在住のお絵描き好きなサルです!

最近の記事

カレンダー

12 | 2009/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2両分

楽しい思い出がたくさんできた冬休み。
東京に帰る日が来てしまいました。しょぼん。
まずは特急に乗るのですが、150%の乗車率。
駅員さんが各駅でお客さんを押し込んでいます。
そのためトータル17分遅れで新幹線乗り換えの駅に到着。
乗り継ぐ新幹線が待ってくれている、との事だったので、
ダンナさんが荷物を持って誘導、はるるんはリュックにもなるてんとう虫の
キャリーバッグを背負い、コザルと手をつなぎ付いていく形を取りました。
それにしてもすごい人!

さあ、新幹線のホームに着いた。と思ったら、発車しますのアナウンス。
なんですとー!!わっ乗り込もうとしても人があふれていて乗れない。
たとえ乗り込めたとしてもきっとデッキにも
通路にも人があふれて自分たちの指定席まで移動出来ないに違いない。
あっ、ダンナさんが走りだした。ええええ~~~は、早い!!
ここで置いておかれるもんか!!
コザルは、はるるんを抱えて約2両分猛ダッシュしました。
はるるん、突然走り出してしまったパパにびっくりし、無事乗車できたものの、
「パパ~~~。」と泣き出してしまいました。
やがて新幹線は発車。無事指定席に座れました。

その後我に返ったコザル。はるるんって今15kgなのによく走れたなあ。
後日調べた所によると1両約25mとの事ですから、約50mをダッシュしたわけです。
タイム8秒切っていたかもしれません。
そんなわけないか。いや、頑張ったもん。
ていうか、ダンナさんが誘導してたとはいえ、はるるんより荷物の方が
絶対軽いはず!なぜチェンジしてくれなかったの?
「ん、なりゆきでさ。」
まあ、確かにあの状況だったら・・・。
でもコザル50mダッシュがんばったよね?
「2両で50mなの?短い短い。」
そしてはるるんまでもが
「なんでかーちゃん走るの遅かったの?」
んも~~!少しはいたわって!


スポンサーサイト

芸人

さて、ばあちゃんのおうちではいつになくハイテンションなはるるん。
ひたすらしゃべり、ひたすら動きどんな所でも歌います。
顔芸も取り入れ、とにかく盛り上げようと必死です。

もちろん食事中もしゃべりが止まらず、1人だけご飯が残り、「みんな食べるの早い…」
なんて言う始末。うーん、はるるんちょっとやり過ぎだなあ。と思うコザル達。
その晩お布団に入ったはるるんがまたしゃべり出します。
「あのね、はるるんみんなが好きなの。だからみんなを楽しませたいの。」の発言。
はるるん芸人か?
でもずーっと冬休み楽しみだったものね。家族がいっぱいだと楽しいしね。
みんなが笑ってくれると嬉しいよね。
その後もはるるんは芸人として時に両親に喝を入れられつつもばあちゃん家に滞在させていただくのでした。

年末の出来事

さてシステムトラブルで、乗るはずだった新幹線が運休になったのにも関わらず、
ダンナさんの的確な判断のおかげで?別の新幹線でも無事座って帰る事もでき、
尚且つ特急券の払い戻しができるという事で、ちょっとラッキーと
ダンナさんの実家でワイワイ語り合っていましたが、前日東京から送った荷物が
一向に届く気配がありません。
問い合わせをしたものの、送り状を持って来なかったため伝票番号が分からないため
荷物の現在地も分からず、年末のため遅れていると言われるだけでした。
でも午前指定なのにもう夕方6時です。
だんだん心配になってきたコザル。
ダンナさんがボソッと一言
「指定日明日にしたんじゃない?」
えっ?そんなわけ…、あっ今日何日?
荷物を宅急便のお兄さんに集荷してもらった時の事を一生懸命思い出すコザル…。
はるるんは宅急便のお兄さんとお話するのが大好きで、
「明日ばあちゃんん家に行くの。新幹線に乗ってお弁当食べるの。」
ひたすら話しています。
はるるんが明日と言っているのに、コザルの記入した指定日が
あさってになっているもんだから「お届けは30日ですね」と確認してくれたのにも関わらず、
もう休みに入って曜日感覚がなくなっていて「はい!」と即答したのでした。

結局コザルははるるんのおばちゃん近くのお店に連れて行ってもらい、
コザル一家の一式着替えを購入するのでした。
ま、払い戻し分プラスマイナスゼロだったらいいや。負け惜しみ。

キャリーバッグ効果

ダンナさんの実家に帰省してきました!
クリスマスに、てんとう虫のキャリーバッグをもらったはるるん。
乗り換えの時も誇らしげにガラガラひいてホームを歩きます。
普段はすぐにパパに甘えて抱っこをしてもらいたがるのに、なんとも素晴らしい効果です。
バッグの中にはおやつと折り紙を入れてきました。
お泊まり分の着替えは前日に宅急便にて実家に送っておいたからです。
着替え一組でも入れておけば良かったと思ったのは実家に着いて、
おやつを食べ終わってからでした。
つづく。

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。